令和!

こんにちは。 とうとう『平成』から『令和』になりましたね(^_^)
皆さんの平成はどんな時代でしたか? と言っても平成しか知らない人も多いんでしょうけど。
この30年はホントに生活が色々と『変化』しましたね。 スマホ、SNS、YouTuber、ドローン・・・などなど、昔じゃ想像もしなかったものも現実になってしまいました。
令和ではどんな進化を遂げるのか楽しみなの半分、その進化についていけるか不安も半分(苦笑)
とにかく『笑顔』の多い時代であって欲しいと願います。 令和も宜しくお願い致します(^_^)。

Comment(4) | Trackback(0)

平成最後のサクラ!

今年はいつにも増して桜を見る機会と時間がありまして、
それもなぜか上野方面が多かったです。
写真は上野にある
『東京国立博物館』
のサクラ。
もう葉っぱが出てきてはいるもののまだまだ綺麗♪
いつも思うのが、もう少し暖かい季節まで花見が出来たらいいのになぁ、、と。
ここのところ、日中以外はまた冬に戻ったような寒さ。

明日はまた一層寒くなるそうなので、 冬のつもりでお出かけ下さい。
また令和の花見を楽しみに、仕事頑張ります(^_^)。

Comment(2) | Trackback(0)

花見三昧!

今年は花見を満喫してます(^_^) 皆さんも花見出来てますか?
今日は上野の不忍池の中にある、弁天堂にて、花見をしました。
若干、風が冷たいものの、 ほぼ満開のサクラを見ながらのビールは最高♪
こうゆう時間は大切ですね。

Comment(0) | Trackback(0)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』

ジャッキー・ウー監督作品
映画『ばあばは、だいじょうぶ』
全国 イオンシネマにて 5/10(金)から公開になります。
【出演】 冨士真奈美 寺田心 平泉成 内田裕也 ほか
知ってる人もいると思いますが、 この映画、ミラノ国際映画祭にて 最優秀監督賞 最優秀主演男優賞 をW受賞した作品です。
賞を取ったから良い作品だということではないですが、 限られた制約の中で、
冨士真奈美さん、寺田心くんの2人の『ばあばと孫のシーン』は
現場で感動しながら見てました。
内田裕也はその2人の間の、
智志(さとし)という役です。
冨士真奈美さんは、素晴らしいキャリアの大女優なのに、現場ではまるで少女のように可愛らしく、皆から愛されてました。
心くんも、たくさんコミュニケーションを取ってくれて、本当の親子のような感覚になれました。
ジャッキー監督は初めてでしたがとても繊細な方で、アドバイスも細かく言ってくれるので、何とかそれに応えられるよう頑張って撮影に挑みました。
1人でも多くの人に観て頂きたい作品です。
宜しくお願いします(^_^)

Comment(4) | Trackback(0)

映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』

先日Twitterでも載せましたが、 メサイアの映画をずっと撮ってる山口ヒロキ監督の最新作
『血まみれスケバンチェーンソーRED』(前編)
を観てきました!
だいぶ年下なのにそんな気がしない中村龍介と一緒に(笑)
前回の舞台挨拶で初めて行った映画館でしたが、改めて見ると、ものすごくムーディーなロケーションですね(苦笑)
なんと、レインボーブリッジと東京タワーが同じ方角に見えます!
学生の人とかにオススメのデートスポットですね(^_^)。

えっと、映画の話を少し。
あらすじ 主役の女子高生、鋸村ギーコがクラスメイトに逆恨みされて命を狙われる
と言うとものすごく単純な話なんですが、
謎がいっぱいの不思議な映画です。
とにかくギーコがチェーンソーを振り回し、たくさん人(改造死体)を切り刻む、バイオレンスアクションムービー。血がたくさん飛び出ます(苦笑) もちろんR指定(R15)
4DXの映画館なので、 血が噴き出すシーンには水しぶきが出たり、後ろから蹴られた瞬間にはシートの背もたれが『ドンッ』となって、不思議な感覚になります。
ぜひご覧下さい(^_^)
あ!あと、アンフェアな月の続編の舞台『殺してもいい命』が発表になりました!
こちらもぜひお誘い合わせて観に来てくださいね(^_^)

Comment(4) | Trackback(0)

ドラマ『荒野の証明』

昨日オンエアのドラマ
終着駅牛尾刑事50作記念作品 『荒野の証明』

見てくれましたか? 捜査二課の後藤刑事役でした。
写真は張り込みのため、建設作業員に変装した後藤刑事。
監督は勝新太郎さんの『座頭市』も撮った池広一夫監督! なんと89歳で現役監督です! 現場でもあまり座らず、年を感じさせない振る舞いに感動してました。
またいつかご一緒出来る日が来ますように(^_^)。
高島礼子さんとは10年ぶりくらいの共演でした。 前回は高島礼子さん主演の『弁護士・一之瀬凛子』 名前が内田裕也になってて驚かれました(苦笑)
高島礼子さんは本当に人間性が素晴らしいので、また共演出来て嬉しかったですね♪
主演の片岡鶴太郎さんも、撮影の数ヵ月前に観に行った舞台(タクフェス)に出演されてたので、その話題で盛り上がりました(^_^)。
このシリーズは初めて出ましたが、今後も続けて欲しいですね。

Comment(4) | Trackback(0)

舞台『帰郷』@六本木俳優座劇場

舞台『帰郷』観劇!
脚本・演出 入江雅人
出演 池田成志・田口浩正・坂田聡・尾方宣久・岡本麗・入江雅人
福岡出身の俳優による、福岡弁の青春&ゾンビの物語。
福岡のとある田舎街の高校時代から描かれてるんですが、
皆さんの同級生感半端ない! 自分も高校時代に戻ったような気になるほどナチュラルなお芝居で、 出だしから引き込まれます。
セットもなしで、演者以外は 『ロッカー』と『パイプ椅子』だけ。
間違いなく、『笑って泣ける』作品です。 まだ公演は始まったばかりなので、見に行った方が良いですよー。
特に40~50代の方は、より一層楽しめるはず(^_^)

Comment(0) | Trackback(0)

2019年!

今さらですが、2019年になりましたね。 本年も宜しくお願いします!
写真は甥っ子(1歳半)と親戚の赤ちゃん(生後6ヶ月)。
実家で新年会の後、さらに父の生家でもある親戚の集まりに挨拶に行った時の写真。 甥っ子は自分よりも小さい赤ちゃんがいると頭を撫でて可愛がってます。 自分も赤ちゃんなのに急にお兄さんに(笑) 2人ともとっても可愛いです(^_^)
赤ちゃんに癒されて来たところで、帰宅して録画してた大晦日の『ガキ使』を見てたら、なんと寺田心くんが。
映画で親子役をやったのでガキ使に出てるのが嬉しかったです(^_^)
昨年はなかなかブログが更新出来なかったんですが、
今年はブログももう少し頻度を高めて行きたいと思ってます。 ぜひコメントも宜しくお願いします。
2019年も皆さんに楽しんでもらえるよう頑張ります♪
そして皆さんが健康で充実した1年を遅れますようにお祈りいたします(^_^)
内田裕也

Comment(6) | Trackback(0)

舞台『あいあい傘』

池袋 サンシシャイン劇場にて
タクフェス 『あいあい傘』
を観てきました!
※タクフェスは開演前の『ふれあいタイム』と『カーテンコール』は撮影OKなのです。

まず劇場に入る時、近くでアニメのイベントがあるようで、ビル内はごった返して大変でした。 ただ 初めて生でコスプレイヤーの人たちを見れて少しテンション上がりましたが(笑)

舞台ですが、

まずは素敵な出演者
宅間孝行 星野真里 鈴木紗理奈 前島亜美 川原亜矢子 竹材輝之介 弓削智久 越村友一 永島敏行 モト冬樹 (敬称略)
うん、良いキャスト(^_^)

タクフェスはいつも予想を上回る感動と笑いを与えてくれるのですが、
今回は

やはりやられました!

後半は何度も涙を拭い、
笑い、涙、笑い
を繰り返し、
最後は半分放心状態という
いつものパターンで
最高でした!
東京公演は明日が千穐楽ですが、
地方公演はまだあります!
興味がない人でも、時間がない人にも
観て欲しい作品です。
タクフェス、最後まで無事に終幕を迎えられるようお祈りしております。 そして、来年も楽しみにしてます!!

Comment(4) | Trackback(0)

映画『検察側の罪人』

原作・雫井脩介 木村拓哉、二宮和也W主演の
映画『検察側の罪人』
を観てきました。

脚本としてはとても面白い内容なんですが、個人的には二宮和也くんと吉高由里子さんの役がミスキャストな気がしました。 2人とも小柄で若く見えてしまうので、その2人のやり取りのシーンになると、なんか拍子抜けしてしまうような。。 あくまでも個人的な感覚ですが。

ただ、二宮和也さんの演技力は益々凄みを増してます。 被疑者を追い詰める演技は必見です。
吉高由里子さんはドラマ『正義のセ』も検事役でしたが、どちらと言うとコメディ要素のある作品向きな女優さんだと思います。 あ、今回は検事役ではなく事務官役ですが。
木村拓哉さんは、自分の正義を貫こうとするあまりに検事の道を踏み外してしまう難しい役。 木村さんがこうゆう役をやるのは珍しいですね。 とても良かったです。

検事役、そろそろまたやりたいです(^_^)。

Comment(5) | Trackback(0)