国立新美術館



友人でアーティストの朝倉隆文さんが、今回また日展に入選しました(^-^)。
この日は、国立新美術館で展示してあるその作品を見学。
本人も来てもらって、他の人の作品も含めて案内してもらいました。
写真は今回入選した作品と本人。
そして国立新美術館の外観。
この建物は、故・黒川紀章さんが最後に設計したものらしいです。
中も斬新な造りでしたね。
で、肝心の作品は…
友人の作品と気付く前に、遠目で見ても引き寄せられる迫力がありました。
写真だと分かりづらいですが、隅から隅までびっしりと細かく描かれてます。
離れて見るのと近くで見るのでは、また違った作品のようです。
思わず見とれて、10分くらい鑑賞してました。
恥ずかしながら、俺も子供の頃、画家になりたいと思ったこともあるんですよ(笑)。
また12月には横浜の方で個展があるので、行ってくる予定です。

Comment(7) | Trackback(0)

“国立新美術館” への7件の返信

  1. 素晴らしい!!
    「また」という事は何回も入選という事ですよね!?
    おめでとうございます♪
    写真でも迫力あるし写りきらないほど大きい作品なんですね~(*^_^*)
    小さい頃から美術系は苦手なので憧れます!!

  2. レイさん、かっこよく載ってますね!細く見える!!
    今回、初めて書き込みさせて頂きます。
    これから夫婦一緒に応援します!
    ガンバってください裕也さん!!

  3. ナルサクさん、こんばんは。
    そうなんです。
    もう何回も入選してるんですよ。
    今回も横は2メートルくらいある大作です。
    筆と墨だけで描かれてるんだけど、1色に見えないですね(^-^)。
    無記名の書き込みになってる方、ぜひ改めて書き込みしてみて下さい(^-^)。
    間違えた部分は後日削除してもらうので。
    関内少年さん、こんばんは。
    初の書き込みありがとうございます。
    夫婦円満のためにも頑張りますね(^-^)。

  4. コメントを入力してください。
    お久し振りです。 メリーの平井堅です。
    僕もレイレイの絵を間近で見て、迫力と細かさにしばし見入ってしまいました。
    この間、うちの実家に居候しているいとこ(広島なまりがキュートなピチピチ女子大生)と『ウェルかめ』の話をしました。
    裕也さんのコト、話したら興奮してました!
    またお店に遊びに来てくださいねー。

  5. メリーの平井堅さん、お久しぶりです。
    『ウェルかめ』見てくれてありがとうございます。
    機会があればぜひその広島なまりがキュートなピチピチ女子大生ともお会いしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。