終幕!

舞台『殺してもいい命』無事に千穐楽を迎え、終幕しました。
今作は本当に、観劇してくださった方からお褒めの言葉をたくさん頂き、 この作品に出演出来た喜びを噛み締める毎日でした。
座長の篠田麻里子ちゃんも、前作よりも数段パワーアップして、頼もしい座長に見えました。結婚もしたし経験値が上がってるからかも。
そして愛すべき先輩方! 山田明郷さん、山谷勝巳さん、水谷あつしさん、山口馬木也さん、 渋さと重みのある芝居で作品に深みを与えてくれました。
安藤役の松田凌! とっても素敵な芝居をする俳優さんです。なにより舞台度胸の強さ! 勉強になりました。 凌の存在が作品に躍動感を与えてくれました。
中村優一くんは、和夫役として、ほとんど誰とも話さないというやりにくい立場ながら、ストーリーテラーとして物語を支えてくれた。
野崎弁当、槇尾ユウスケの両人は、 ストーカーの永井役で慣れないアクションにも必死で練習して、無事にやり遂げた。あの一生懸命さは他のキャストに勇気を与えてました。
西原亜希さんの由布子役は、本当に最高!! あなたが出てくれたことに感謝です。 亜希ちゃんでなければこの作品は崩れていたかもと今でも思います。
そして相方、小島よしお。 楽屋ではピーヤと呼んでたり、ずっと心の支えになってくれてました。 千穐楽のカーテンコールでも最高の仕切りでお客様だけでなくキャストも和ませてくれて、本当にありがとう。
それ以外のキャストも、自分のパートだけでなく皆でよくなろうと良いムードの座組にしようと頑張ってくれました。 何役もやっているアンサンブルの方々には頭が下がります。
裏方のスタッフさんも、あの細かい転換、照明、音響、舞台監督、衣装、メイク、制作、劇場さん、 すべてに助けられました。
久々にこんなに楽しく、また良い刺激を受けた現場だったので、終わるのが寂しく、現在軽くロスってます(苦笑)。
また良い作品に出会えますように、自分を磨いて行きます!
わざわざ劇場まで足をお運び頂いた皆様、お心遣い頂いた皆様、 心より感謝致します! 本当にありがとうございました!!

Comment(0) | Trackback(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。