映画『検察側の罪人』

原作・雫井脩介 木村拓哉、二宮和也W主演の
映画『検察側の罪人』
を観てきました。

脚本としてはとても面白い内容なんですが、個人的には二宮和也くんと吉高由里子さんの役がミスキャストな気がしました。 2人とも小柄で若く見えてしまうので、その2人のやり取りのシーンになると、なんか拍子抜けしてしまうような。。 あくまでも個人的な感覚ですが。

ただ、二宮和也さんの演技力は益々凄みを増してます。 被疑者を追い詰める演技は必見です。
吉高由里子さんはドラマ『正義のセ』も検事役でしたが、どちらと言うとコメディ要素のある作品向きな女優さんだと思います。 あ、今回は検事役ではなく事務官役ですが。
木村拓哉さんは、自分の正義を貫こうとするあまりに検事の道を踏み外してしまう難しい役。 木村さんがこうゆう役をやるのは珍しいですね。 とても良かったです。

検事役、そろそろまたやりたいです(^_^)。

Comment(5) | Trackback(0)