無事終演!


シアター1010で行われていた
 
舞台『WORLD』
無事に終了しました。
 
写真は今回のパンフレット。
そして劇中に使われていたリュウジとケンジが幼少期に書いた
リュウジ王国と
ケンジ王国
 
音楽のsisさんの息子さん、野田奏貴くんが書いてくれました。
さすが画伯(^_^)。
作品は予想以上に評判が良く、中原演じる榊という役も結構好評でした(^_^)。
 
相方の渡部将之くんはお芝居が上手いので、とっても引っ張ってもらってた感じですけど。
間の取り方など、その時の空気によって芝居が変わってきたりと、楽しいんだけど気が抜けないシーンがほとんどで。
今回はアクションは無く肉体的には疲労感が少ないかと思いきや、今日になってドーンと疲れが…(苦笑)。
でもそれだけ充実感もあります。
 
 
少し休んだら次はドラマのお仕事。
 
近々お知らせしますね(^_^)。

Comment(6) | Trackback(0)

“無事終演!” への6件の返信

  1. 舞台、大変お疲れ様でした。
    かっこいいラストシーン千秋楽は、どんな感じだったのかな
    出来ることなら千秋楽も観たかったです。
    ゆっくりやすんで、次のドラマも頑張って下さいね。
    楽しみにしていま~す!(*^o^*)

  2. 改めて、舞台お疲れ様でした~☆
    なんと!
    リュウジ王国、ケンジ王国の絵は、
    実際に描かれていたものだったんですね( ☆∀☆)
    客席から(1列目)見ていましたが、
    どんな絵なのかハッキリ見えず、
    劇の小道具の一つだから、
    誰かが適当に描いてるのかと思っていたら、
    素敵な作品だったのですね(o^-^o)
    それほどまでに作り込まれていた舞台だったからこそ、
    沢山の人が凄く惹き込まれたのかな、
    って思いました(o⌒∇⌒o)
    ほんと、続編やらないかな~って思う位に、
    素敵な作品でした(*≧∀≦*)
    かなりお疲れのようですから、
    良くお休みになって、
    次のドラマも頑張って下さいネ(*^▽^)/★*☆♪

  3. yokoさん、こんばんは。
    千秋楽は幾つかアドリブもあったりスペシャルバージョンでした。
    何よりほぼ満席状態でのスタンディングオベーションは鳥肌モノでした(^_^)。
    また次も頑張ります!

  4. まみりんさん、こんばんは。
    最前列だったんですねー。
    みんなの表情も良く見えるからより臨場感あったでしょうね。
    ただ、マイクもバッチリ見えたでしょうが(苦笑)
    絵の方は、奏貴画伯は6枚も書いてくれたんだとか。
    その中で良いやつを使ったんですね。
    将来が楽しみです(^_^)。
    ドラマも頑張ります。

  5. S.i.Sさん、お疲れ様でした!
    まさかここに書き込みしてくるとは(苦笑)。
    なかなか楽しい現場でしたね。
    またお願いします(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。