つけ麺・岡崎『魔王』


池袋にある
『らーめんの創造・つけ麺岡崎』
(西口・劇場通り店)
に行ってきました。
ここの目玉メニューの
 
『魔王』
 
 
という激辛つけ麺。
 
最後まで冷めないで食べれるように器が石になってる石焼きつけ麺です。
写真にある通り、見るからに地獄です(笑)。
 
 
今まで何度かお店に来てはいたのに、この『魔王』には手を出せずにいたけど、
少し寒かったこともあり初挑戦!!
 
 
この魔王、
辛さが5段階あります(唐辛子の量)
入門(20g)
初級(40g)
中級(60g)
上級(80g)
師範代(100g)
どちらかと言うと辛さに強い方だし、顔も辛い食べ物の多い国の人っぽいので、とりあえず中級を注文。
店員さんには、
『初めて食べる方には入門か初級をお薦めしてるんですが…』
と言われるも、ここは男らしく
『大丈夫です!』と。
 
しばらくしてつけ麺登場!
かなり辛いが何とか食べれるレベル。
久しぶりに頭からも汗が!
激しい辛さが痛いくらいに口を刺すものの、辛さの中にクセになる旨みがすごい!
汗だくになりながらもほぼ完食!!
清々しい達成感と共に、つけ麺岡崎を出ました。
 
 
その夜…
 
…店員さんの言うことを聞いとけば良かったと心から思いました…(涙)。
真夜中にトイレとお友達になりたくなければ、つけ麺岡崎の魔王の中級以上は絶対に食べないで下さい!!
最も辛い師範代なんて、食べて平気な人がこの世にいるのだろうか…
いるなら顔を拝みたいくらいです。
次は改めて魔王の入門から再挑戦させていただきます(苦笑)。

Comment(7) | Trackback(0)

“つけ麺・岡崎『魔王』” への7件の返信

  1. 昨日、きょうと寒いですね~!
    昨日は次の作品の打合せで、きょうは久々うちでのんびりしています。
    次の作品では中原さんと同じ事務所の女優さんとご一緒です。
    実は今月は新しくできた劇場で舞台の仕事をしていました。
    割と中原さんの実家から行きやすい所だったのでポスターやチラシをお願いしようかとも思ったんですが、中原さん自身の舞台と一時公演日がかぶっていたので遠慮しました。
    早く、中原さんとご一緒できるといいんですが・・コメントを入力してください。

  2. つけ麺いいですね~☆池袋にはよく行くので、
    今度いってみます\(^o^)/
    ただ、辛いのは全く駄目なので、中原さん
    には驚きました!!
    その時は大丈夫なんですね。
    夜になってトイレと友達になるとは、
    やはり、よほど刺激が強かったんですね。
    次回は時間をおいて、ぜひ入門から
    頑張ってくださいo(^▽^)o

  3. 遅くなりましたが、舞台はお疲れ様でした。
    最近、個性的な役が多いみたいですね(^_^)
    ところで、激辛ラーメンは写真がもう辛いです!
    私は辛いのは苦手なので、入門でもおなか壊しそう(^_^;)
    入門と中級ってどらくらい違うか気になります。
    再挑戦の時もアップよろしくお願いします♪

  4. こんにちは。千夜です。
    ラーメン魔王、なかなか手強いようですね。
    でもとても美味しそうです。
    ぜひ門をくぐる所から挑戦してみたいです(笑)
    青唐辛子をまるごとバリバリ食べられる方もいらっしゃるようですので、そういう方が師範代に挑戦されるのではないでしょうか。
    ところで、「顔も辛い食べ物の多い国の人っぽいので、とりあえず中級を注文」
    という文章。説得力がありそうでない所が、個人的にツボでした(笑)

  5. 通りがかりさん、こんばんは。
    そうだったんですか。
    次はぜひ寄って下さいね。
    うちの事務所の女優さんて誰か気になります…(笑)
     
    みどりさん、こんばんは。
    辛くないメニューもあるのでぜひ行ってみて下さい。
    ちなみにこのお店、中原裕也のサインを飾ってくれてます(^_^)
     
    れんげさん、こんばんは。
    確かに最近の舞台ではかなり独特な役柄が多いですね。
    やってて楽しいです(^_^)。
    次は観に来てもらえると嬉しいですね。
     
    千夜さん、こんばんは。
    青唐辛子を丸ごとバリバリ食べる人、テレビで見たことありますが…あまり羨ましくはないですねぇ(笑)
    見た目ほど辛いものに強くないようです(^_^)

  6. 通りがかりさん、こんばんは。
    山口果林さんですか。
    幾つになってもパワフルですよね(^_^)。
    うちの先輩を宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。