顔合せ・本読み


映画
『Messiah(メサイア)〜漆黒ノ章〜』
の顔合せ・本読みをしてきました。
この作品は舞台から映画へと続く物語になってるらしいです。
まだ舞台の台本見てないから何とも言えないけど、映画の方はたくさん喋る役です。
そして、メインキャストは舞台と映画両方出ます
映画の方はとにかくスケジュールが超タイトなので、短時間で完璧にセリフを覚えなくてはいけません。
なので台本の準備稿をほぼ頭に入れてたら
そのタイミングで決定稿が届き、
恐る恐る開いてみると…
もはや別の作品かと見間違える程の変わりよう(汗)!
長いセリフが多い役どころなので覚悟はしてたけど、ここまで変わるのは初めて(苦笑)。
心が折れそうになったけど、中身は前より遥かに面白くなってたので、その分やる気は上昇!
さぁ、頑張って覚えます(笑)。

Comment(5) | Trackback(0)

“顔合せ・本読み” への5件の返信

  1. あいにく今回の公演も観に行けないのですが、映画楽しみにしております♪
    よくセリフを覚えられるなぁと感心致しますが、中原さんはどのように覚えるのですか?

  2. いよいよですね( ´艸`)
    舞台から映画に繋がるのに、台本は映画の方が先なんて・・・
    なんか私だったら頭の中がこんがらがっちゃいそうです(^_^;)
    それから更にお忙しくなるかと思いますが、体調や怪我などには気をつけて頑張って下さいね!!

  3. こんばんは~
    映画の台本を覚えるの大変ですね。
    私も以前ナレーターの仕事をしていた時のことを思い出しました。本番の1週間前やその時によっては、3日前に原稿をもらって覚えてました。せっかく覚えても本番の当日の朝、会場に着いてから1部原稿が新しいものにさしかえられて覚えなおしということがあったのを思い出しました。その時は、焦りましたね~
    でも好きでやっていた仕事だったし、生活かかっていたから不思議と覚えてやってました。
    大変な時もあったけど楽しかったし、やりがいがあり自分自身が生き生きしていました。
    私はよく、原稿をクリアファイルに入れてお風呂で半身浴しながら声を出して覚えていました。エコーかかって本番にマイク持ってナレーションする時と同じ感じになって、覚えやすかったです。
    人それぞれ覚えやすい覚え方があると思いますが裕也さんは、どんなふうにして覚えるのですか台詞が多いと大変だと思いますが頑張って下さいね。
    思わず以前の仕事を懐かしく思い出し、長文になってしまいました。失礼しました~

  4. こんばんは☆
    中原さん、顔晴ってますか~!?
    セリフ覚えるの、すごく大変そうですねっ><
    本番ではそれに演技・表情などプラスされてさらに大変そう!
    私なら足がガクブルです。。。
    楽しんで♪中原さんならできる☆
    上からですみませんっ

  5. Risaさん、こんにちは。
    普段は台詞覚えは良い方なんですが、今回は日常的に使わない漢字を使った説明台詞が多く苦戦してます(苦笑)。
    紙に書いたり何度も練習してやっと覚えたとこです。
    あとは芝居ですね(笑)
    菜穂さん、こんにちは。
    お気遣いありがとうございます。
    つい最近判明したんですが、舞台版が映画版の後の話のようです。
    観る方からしたら後にやる方が過去の話ってこれもまたややこしいですね(笑)。
    今日もこれから朝まで撮影ですが、頑張ってきますね(^_^)。
    yokoさん、こんにちは。
    お風呂は良いですね。
    ただ俺は長風呂出来ない性格なので、主にジムでランニングしながらブツブツ台詞言ってます。
    周りから見たら気味悪いでしょうね。。
     
    わっくんさん、こんにちは。
    なかなかのプレッシャーの中での撮影になりそうですが、年長組としてキッチリやってきます(^_^)。
    終わり次第舞台版のも覚えないと(汗) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。