空想組曲!


赤坂レッドシアターにて、
以前、キリンバズウカ
『ログログ』で共演した、
川田希ちゃんが出演している舞台
『深海のカンパネルラ』
を観てきました。
幻想的雰囲気でありながらリアルという、とても不思議なお芝居でした。
友人の死をキッカケに現実逃避してしまう男を中心に、その男をとりまく人間模様を描いたストーリー。
この舞台、一度も暗転がなく、しかも主役の男性は2時間10分ほどずっと出っぱなし!
難なくこなしてるようでしたが、実際はかなりしんどいと思います。
赤坂レッドシアターは比較的小さめの劇場なので、役者さんの表情もはっきり見れますが、
来月の舞台の日本青年館はちょっと大きすぎて、後ろの席だとオペラグラスが必要になります。
好きずきでしょうが、俺は500席前後くらいまでがやりやすいし観やすいですね(^_^)。
次郎長のときの博品館劇場は舞台の広さがもう少しあれば最高なんですが。

Comment(2) | Trackback(0)

“空想組曲!” への2件の返信

  1. 2時間10分も出っぱなしとは、果てしないですね!!演じきるとはスゴイ!
    日本青年館は席マップを見ても確かに大きそうですね。舞台は大きく、客席はほどほどが良いですね。バレエの発表会や公演で小さい舞台だと、どうしても気分的にゆったり踊れず何だか完全燃焼出来ませんでした。奥や二階席は観客の方々の顔が見えず、緊張が少し和らぐというメリットもありましたが…。

  2. Risaさん、こんばんは。
    大きい劇場だと座席が前過ぎても疲れますね。
    とにかく今回の舞台は今までやったことのないキャパなので、広さを生かした芝居を心掛けてやります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。