劇団桟敷童子


 
東京スカイツリー(写真)が近くに見える、すみだパークスタジオにて、
 
 
劇団桟敷童子の
 
『紅夢漂流譚』
 
を観てきました。
 
 
 
桟敷童子っぽい雰囲気が滲み出たチラシですね。
 
 
今回は、ここの劇団員であり友人の新井結香さんが、かなり良い役を演じてました。
 
舞台上での存在感も出てきて、観てて嬉しくなりますね。
 
 
桟敷童子の名物である
 
『仕掛け』
 
は今回も満足出来ました。
 
ラストでは今まで普通に演じていた舞台が突如5つに割れ、上下左右にグワングワン揺れ、
 
舞台奥に突然、壁一面に無数の風車が現れてグルグル回り出したり…
 
とこんな感じでした。
 
 
看板女優の板垣桃子さんは、演技の幅がとても広くて素晴らしい女優さんです。
 
また来年も楽しみにしてます(^-^)。
 
 
 

Comment(0) | Trackback(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。