馬車道のBar


みなとみらい線の馬車道駅からすぐのところにある
Bar『Merry Widow』
横浜方面に来た時はだいたい寄ります。
先日、友人の画家・朝倉隆文さんが、日展で特選を受賞したので、そのお祝いでまた行きました。
入選は何度かあったけど、特選は今回が初めて。
何千もの作品の中から特選に選ばれるのは10人程なので、とてもすごいことなんです。
近いうちに作品もブログに載せますね(^-^)。

Comment(7) | Trackback(0)

“馬車道のBar” への7件の返信

  1. こんにちは。
    ご友人の特選受賞おめでとうございます!!
    入選でも凄いのに特選!(^^)!
    輝かしい☆お祝いで美味しいお酒になりましたね♪

  2. お友達の朝倉さん、日展「特選」とは素晴らしいですね。
    作品も見てみたいです♪
    「馬車道のBar」聞いただけで、大人な雰囲気が漂いますねぇ。
    馬車道と言えば、8年くらい前に「ヨコハマ映画祭」を観に行きましたよ。
    実行委員の北見さんに、とても良くしてもらって素敵な思い出です(*^_^*)

  3. ナルサクさん、ありがとうございます。
    この日の少し前が本人の誕生日だったので、それも合わせてお祝いしました(^-^)。
    来年もお祝い出来ると嬉しいですね。
    れんげさん、ありがとうございます。
    映画祭とか出席されるとは、もしかして業界の方でしょうか?
    近いうちにまたこの友人と会うので、その時に作品を撮ってきますね。

  4. 中原さん、こんばんは。
    残念ながら業界人ではありません(^_^;)
    この年は、どうしても観たいものがあって親友と2人熊本からはるばる観に行ったんです。
    その時に、実行委員の北見さんにお世話になりました。
    行定勲監督が熊本で月1回ラジオの生放送をされてるんですけど、そのラジオでも北見さんの話をされていましたよ(^^)

  5. れんげさん、こんばんは。
    そうでしたか。
    行定勲監督は熊本に縁があるんでしょうか?
    行定監督の映画にもいつか出てみたいですね。
    出してもらえるよう頑張ります(^-^)

  6. 中原さん、こんにちは。
    こちらは12月とは思えないくらいポカポカ陽気でした。
    行定監督は熊本出身で、脚本は南阿蘇の家で書く事も多いとラジオで言われてました。
    いい映画をたくさん作られていますが、FMKの「月刊 行定勲」を聞くと監督のこだわりが分かって面白いですよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。