高円寺にて…


タカハ劇団 第5回公演
『モロトフカクテル』
 作・演出 高羽彩
昨日知り合いの演出家の方にこの芝居を薦められたので、初めて観る劇団ですが、どんな感じかワクワクしながら観てきました。
その知り合いの話だと、タカハ劇団と言っても、作・演出の高羽彩さん以外は毎回オーディションで出演者を決めてるとか。
内容は学生運動に憧れる現代の大学サークルと、その部室を相部屋として活動してる手腕サークル、さらにその学生たちを自分の運動に利用しようとする過激派集団の構成員、そして過去にやり残した想いを持った高齢の大学事務員。
過去と現在のシーンをうまく絡めてあって、雑なようで全く無駄がない作品でした。
いい収穫です(^-^)。
今日が公演最終日だったので、観れてラッキーでした。
舞台、またやりたいですね。

Comment(2) | Trackback(0)

“高円寺にて…” への2件の返信

  1. また舞台のお話し…あるんですか?
    中原さんの舞台は時代劇のイメージが強いですが、現代劇の舞台も観てみたいです♪
    素敵なお仕事に恵まれますように!
    夜はだいぶ寒くなってきましたので風邪ひかないように気をつけて下さいね。
    ウェルかめの放送も中原さんの出演日を楽しみにしながら毎日観ているので、引き続き頑張って下さいね!

  2. どりこさん、こんばんは。
    舞台の話はなんとなくはありますが、まだはっきりしてないので…。
    『ウェルかめ』はまだまだ出番あるので、引き続き宜しくお願いします(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。