映画・母べえ


山田洋次監督、吉永小百合さん主演の映画『母べえ』を観てきました。
試写を観た知り合いが『悪くはないけど、話が暗くてヒットは難しいかも…』と言ってたので、観ようかどうか少し迷ってたんですが。
観てみたら、知り合いが言ってる意味が分かりました。一家の大黒柱が、戦時中に思想の問題で非国民だとして捕えられ、残された家族の慎ましい生活が山田洋次監督風に描かれてました。ストーリー的にはやはり重い感じになりますよね。
俺は、壇れいさんや浅野忠信さんを含め、家族のやりとりがとてもほのぼのとしていたので、面白くて見いってしまいましたが。実際に昔はあんな家庭が珍しくなかったんだろうな…と思いつつ。
戦争って今でもなくなりません。ニュースとか映画などではよく見ますが、実際に経験された方はそうゆう類いのものを見ても、我々の世代とは感じ方が全く違うのかもしれませんね。
『母べえ』を見終わった後に、その映画館のエレベーターに同乗したご年配の女性がまだ泣いていて、連れの方に『当時は本当にあんなだったから…食べ物も今みたくある訳じゃなかったし…』と涙を啜りながら話してました。
映画では泣かなかったのに、その女性の話を聞いたら急に涙が込み上げてきてました。生の体験談は伝わり方が違いますね。
やはり映画は家でDVD借りて見るより映画館で観る方が好きです。
余談ですが、主演の吉永小百合さんの次女役は、数年前にやった昼ドラ『スウとのんのん』で、のんのん役を演じた佐藤未来ちゃん(写真・左)でした。現場ではよく高い高いして遊んでました(笑)。相変わらず可愛かったですよ(^-^)

Comment(4) | Trackback(0)

“映画・母べえ” への4件の返信

  1. 難しいのうm(__)m
    本当は今の若者にも観て欲しい映画なんだろうが結局その年代の人が思い出して泣く映画になったか〜
    まぁ若者が戦争しようと言う頭にならなければなんでもいいが!
    今の時代は若者に人気がある俳優を使って面白おかしく作った方が利益的にはいいと思う。俺が思うにこのての映画は素晴らしい役者を使っててもったいないが学校の教育映画にしてもいいのではないかと思う。学校でみせる事によって昔の日本を知り家族の大切さ戦争の悲惨さがわかってもらえるような気がする。まぁ他にもそのような映画は一杯あると思う。やはり子供のころからそうゆう映画を見れば時代はよくなると思うし戦争もなくなると思う。まぁ話しが長くなってるのでまたね?
    追伸 俺は子供の頃の安達ゆみと編集室で遊んでました。一色紗英も渋スタで遊んでました。まぁ15年位前の話しです。

  2. 匿名さん、こんにちは。
    戦争に限らず、映画やドラマは何かメッセージ性があるほうが、面白いし心に残ると思いますね(^-^)
    俺は小学生の頃はジャッキーチェンの映画ばかり見ていたからトレーニング好きになったのかもしれません(笑)

  3. 私は戦争物の映画が苦手です。。。
    蛍の墓とか見て、夢に出てきて本当に怖かったです。
    ドロップの缶を見る度に思い出して、食べれなくなった位!
    子供の頃に、祖父母が話してくれた戦中の話しは、本当に言葉もありません。
    最近見たといえば、男達の大和!
    凄く泣いたぁ。それこそ同じで、映画館で老夫婦が「おはぎを食べさせるところが・・・」と話していることも心にしみました。
    イケメン揃いで、どーなんだろ???って最初は思ったけどなかなか価値のある映画だったと思います!
    とはいえ、戦争物は好きではないので、母べぇ・・・見てみる!!とは言えない。。。。

  4. eriさん、こんばんは。
    戦争ものは嫌いなんですか。
    実は俺が初めてやった映画の仕事が『宣戦布告』という戦争ものの作品でした。自衛隊員の役でセリフもなしでしたが、5日ほど自衛隊の訓練を受け、撮影は千葉の山奥で10〜15日ほど缶詰め状態でした。初めての映画ということで右も左も分からず、ずっとおどおどしてましたね(苦笑)
    主演は古谷一行さん。あらすじは、ある国から兵隊数名が密入国してきて、それを捕らえようと指令が出るんですが、向こうは平気で攻撃してくるも日本の自衛隊は発砲許可が出るまでにやたらと手間がかかり、その間に次々と自衛隊員がやられていって…みたいな内容です。説明がうまく出来てないですが、作品としては面白いと思いますよ。
    ちなみに俺は銃弾を五発も撃たれて崖から転がり落ちてます。
    戦争映画が好きな人はチェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。