大御所二人と


昨日は事務所で今年最後のパーティーをやりました。NHK『夏雲あがれ』でもお世話になった脚本家の宮川一郎先生と、『功名が辻』『暴れん坊ママ』などの脚本を書かれている大石静先生(写真右)も一緒に。
大石静さんは着物が似合う物静かな感じの人だと勝手に想像してたんですが、実際はものすごく明るい楽しい方でした(^-^)
元々お二人は師弟関係だそうで、二人の会話はまるで夫婦漫才のようなテンポの良さ。普段なかなかお目にかかれないような大御所二人の業界の裏話や面白いエピソードなどを色々聞けて、今年の良い締め括りになりました。
今年もあと数時間で終わり。来年もワクワクするような年にしたいですね。
では、良いお年を(^-^)

Comment(2) | Trackback(0)

“大御所二人と” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。